フィギュア

『ダンまち』ヘスティア1/6スケールフィギュアレビュー

本日は2016年にホビージャパン様より発売された1/6スケールフィギュア「ヘスティア」をご紹介します。例の紐やロリ巨乳として有名なキャラです
2016 HobbyJAPAN CO., Ltd 1/6 scale figure,Unboxing and Review.

TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』より、人気沸騰中の「ヘスティア」様を立体化いたしました。
”神様の紐”を活かしたポージングや、細部までこだわり抜いて造形された魅惑のボディーは1/6スケールで製作。大ボリュームのアイテムとなっております。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』ヘスティア 1/6フィギュア

かまどの女神ヘスティア

 製品情報 

受注期間   2015年6月25日~2015年8月11日まで
価格     9,800円(税込)+送手数料別
発送     2016年3月~4月発送予定
仕様     彩色済みPVCモデル 1:6スケール 全高約26cm
原型制作   あきもふ
色彩見本製作 ピンポイント
製造     AMAKUNI
発売元    ホビージャパン限定受注アイテム

©大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち製作委員会

Product Name: Hestia Is It Wrong to Ask for a Date in the Dungeon Painted PVC Model 1:6 Scale Total Height Approximately 10.2 inches (26cm) [Hobby Japan Limited Edition].

Title:Dungeon ni Deai wo Motomeru no wa Machigatteiru Darou ka
Name:Hestia

全体

正面

炉の女神ヘスティアです。

公式のサンプル写真での台座は透明でしたが現物は白系の台座にタイトルロゴがプリントされてます

背面

ローアングル

「例の紐」に気を取られがちですが下半身は素足なのも魅力の一つ

各部アップ

例の紐が胸に食い込んでいます。

作中で他の神から「ロリ巨乳」と言われるだけあり童顔に不釣り合いなバストです

例の紐が胸の下を通過しています

この姿はヘスティア様の普段着ですが背中が大胆に開いてます

【ヘスティア(AMAKUNI2016)】の感想

2016年発売と年月が経つヘスティアのフィギュアですが造形、塗装、サイズ、どこにも欠点が見当たりません。アニメからそのまま飛び出してきたかのような、そんな印象のアイテムです。

現在でも新作が登場しているので旬ジャンルといえます。

作中通りのやわらかそうなむっちり体型にきめ細かい美しい肌が見事に表現されてます。何よりこのサイズ、クオリティで本体価格9800円に設定されていたとは最近の相場を見る限り驚きです

欠点

欠点は見つける方が困難ですがあえて挙げるなら台座が大きい事でしょうか。それ自体にはなんの欠点もないのですが、台座の直径が大きいために飾る際には場所を取ります。

さらに挙げるなら顔のサイズは他のフィギュアと比べると大きめに設定されてます。気になる人は気になるかもしれませんが、アニメ本編を意識したサイズなのではないかと思います。童顔っぽさを際立たせることにも一役買っているのでやはり欠点とまでは言いきれません

「ヘスティア」様はその人気から数多くのフィギュアが存在しているので少しでも参考になれば幸いです

ヘスティアパンツについて

クリックで拡大

”細部までこだわり抜いて造形”と公式がうたうように隠れた部分の食い込みまで作りこまれています。

余談になりますが、

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(1期)第1話冒険者(ベル・クラネル)より

同上

同じく1話、Cパートより

ヘスティア様はアニメ本編においては1話の時点で、さらにいえば初登場がパンチラという衝撃的なデビューを果たしてます。

それも1度ではなく2度3度とたった1話で何度もパンツを披露しています。

例の紐のインパクトが強いためにあまりクローズアップされませんがこのミニスカートもなかなか大胆です。

 

ヘスティア様のレビューは以上になります、ここまでお付き合いいただきありがとうございました

 

コメントを書く