プラモデル

アニマギア《第3弾》ブレイズドラギアス&ヘルVer. 比較レビュー+アソート

今回は2020年4月に発売された食玩、『アニマギア第3弾』の「01ブレイズドラギアス」とその暴走したバーサークソウル状態である「05ブレイズドラギアス ヘル」の違いを比較しながら2種まとめてご紹介します。説明書も載せておきますので紛失してしまった際などにご活用ください。 メインエピソードにおいて初めてその姿を現したエンペラーギアがこの機体です。 ドラゴンをモデルにしており、ブレイズ(blaze)は英語の炎を意味し、その名は炎竜に由来するものです
プラモデル

アニマギア《第3弾》03アーモリーフォータス レビュー+説明書

今回は2020年4月に発売された食玩、『アニマギア第3弾』の「03アーモリーフォータス」をご紹介します。説明書も載せておきますので紛失してしまった際などにご活用ください。 リクガメをモチーフにした四足歩行の機体。 名前のアーモリー(armory)は英語の武器庫を指し、フォータスは要塞を意味するフォートレス(fortress)と陸亀を表すトータス(tortoise)を組み合わせた造語が由来しています
プラモデル

アニマギア《第3弾》04コングバルクラッシャー レビュー+説明書

今回は2020年4月に発売された食玩、『アニマギア第3弾』の「04コングバルクラッシャー」をご紹介します。 ゴリラ型の機体で、名前に含まれているバルクはおそらくボディビル界隈の筋肉を指し、クラッシャーは英語の「破壊するもの」から由来する、"筋力で破壊する者"を表現した造語だと思われます。素晴らしいネーミングセンスです
プラモデル

アニマギア《第3弾》02ヴラドリリアーク レビュー+変形説明書

本日は2020年4月に発売された食玩、『アニマギア第3弾』の「02ヴラドリリアーク」をご紹介します。説明書も載せておきますので紛失してしまった際などにご活用ください。 コウモリをモチーフにした機体ですが、名前の由来はおそらく吸血鬼ドラキュラ伯爵のモデルとなった実在の人物「ヴラド三世」から来ていると思われます。 また、"アニマルモード"なる状態に変形する能力も有しておりコウモリを担うキャラクターとして申し分ない仕上がりです。 さらにこの機体にはシリーズ初となる"開き手パーツ"(左手のみ)が付属しておりポージングのプレイバリューも向上しています
プラモデル

《レビュー》30MM 黒いシエルノヴァ[ブラック]+オプションアーマー改造例

本日は2021年5月にバンダイスピリッツ様より発売されたロボットプラモデル、『30MM』シリーズの「1/144 bEXM-14T シエルノヴァ[ブラック]」をご紹介します。 シエルノヴァ自体は2020年6月に初出としてグリーンVer.とダークグレーVer.が登場し、同年12月にはホワイトVer.が発売されました。 今回のブラックが登場したことによりカラーカスタマイズの幅がさらに広がりました。 後半には簡単な改造例と、「第3勢力・スピナティア」など今後30MMシリーズから発売される注目のアイテムをピックアップしてます
プラモデル

《レビュー》新・合体アトランジャー & 穂鷹アトリ 欠点+変形説明書

今回は2021年5月に青島文化教材社様より創業96周年記念として発売された美少女プラモデル「新・合体ロボット アトランジャー & 穂鷹アトリ」をご紹介します。 元々アトランジャーはアオシマ様より1970年代に発売された「合体シリーズ」のロボットで、それが今回「新・合体シリーズ」の第一弾としてリメイクされたアイテムになります。 第二弾には「合体ムサシ&神宮寺凪沙」のラインナップが決定しており今後も目が離せません。 他社のプラモデルにはない独自の構造など評価すべき点の多い商品ですが、実際に手に取ってみると欠点や改善点、注意点など多く見られましたのでそれらをすべて記述しました。 購入を検討している場合はこれらの留意点をすべて理解した上で決めていただくのがよいかと思います。 また、変形方法も載せているので説明書を紛失した場合などにご活用ください ※ページ最下部にてアトランジャーΩ(オメガ)について情報を追記いたしました(2021/06/09)