フィギュア

《レビュー》ウルフ用オプションコスチューム 汎用型戦術マント(歴戦風Ver.)(再販)[蝸之殼スタジオ]

今回は2021年4月に海外メーカー[蝸之殼スタジオ]様より再販された、『汎用型戦術マント(歴戦風Ver.)』をご紹介します。
こちらは同シリーズ「WOLF-001 ウルフアーマー」の追加オプションとして別途販売された専用コスチュームになりますが、美少女プラモデルなど同等のスケールであればお好みのキャラクターに着用させることも出来ます。

“歴戦風Ver.”とありますが現状1種のみです(2021/04現在)

追記:2021年7月に”マグマVer.”が登場しました。詳しくはページ最下部にまとめてます

『G.N.PROJECT』オプションコスチューム 1/12 汎用型戦術マント(歴戦風Ver.)

モデルには以前ご紹介したウルフ水着素体を使用しました

 製品情報 

  • 参考価格 1,320円(税込)
  • 発売日  2021年04月未定
  • スケール 1/12
  • サイズ  縦:15cm 横(展開時):22cm
  • 素材   綿麻
  • シリーズ G.N.PROJECT
  • メーカー 蝸之殼スタジオ

『G.N.PROJECT』より、造形可能な「汎用型戦術マント」が登場!
別売りの第1弾「WOLF-001 ウルフアーマー」に装着し、ウルフちゃんの防御を強化せよ!

  • 布製でリアル感を演出
  • ワイヤー入りで自由な表情をつけることが可能!
  • 汚れ・破れは仕様です。戦場で敵の攻撃を浴び続けた歴戦風に仕上がります

©SNAIL SHELL

パッケージ

国産品に慣れ親しんでいるので正直驚きましたが、メーカーロゴがプリントされた紙製の封筒で届きます
(梱包はさらにダンボールが使用されているので心配いりません)

セット内容

封筒を開けると、

ビニール袋に梱包されたマント本体と、ウルフの写真が印刷された説明書が同封されていました。

あみあみ様経由の正規ルートで購入したのでこれが仕様で間違いないのですが、個人でも再現できそうなのでなかなか斬新です。逆に手作り感があっていいかもしれませんね

 

こちらが説明書の両面になります。ただの注意書きなのですが質のいい紙が使用され一瞬ポストカードかと見返しました。
適当なフォトフレームで飾っても違和感はなさそうです

 

マント背面

“ワイヤー入りで自由な表情をつけることが可能”という説明文からどこからどこまでにワイヤーが仕込まれているか気になっている方もいらっしゃるかと思いますので上記の画像に赤い印をつけました。
赤い線の部分にワイヤーが入っており、両サイドはもちろんのこと首元に加えて背中側にも一本通っているので謳い文句通りに表情の自由度はかなり高いです

 

正面 首元

首元にはボタンがひとつ取り付けられており、着脱をスムーズに行える工夫がなされています

ディスプレイ

正面

ウルフ水着Ver.をモデルにさせていただきました。

着用すると縦の長さは地面に擦るぐらいです。襟元はフードのように見えますが、そのような構造にはなっていないため頭部を覆うことは出来ません。

糸がほつれた部分も見受けられますが自身で切りそろえれば気にならないかと思います

 

ロングブレード使用

 

調査兵団みたいでかっこいいですね

 

まとめ ~オプションコスチューム 汎用型戦術マント(歴戦風Ver.)~

いかがでしたでしょうか?

1/12スケールの布製衣装というだけでも他と差別化されているので需要はあると思います。

同スケールの国内産マントといえばコトブキヤ様のクラッシュマントサイドマントが候補に挙がってきますが、プラスチックという特性も相まってかなり難点の多いアイテムとなってしまっているのが実情です。

それを踏まえるとこちらは布製で使い勝手が良く、価格も1500円未満とかなり優良なアイテムだといえます。
(※布製の注意点としては色移りには十分に気を使った方がいいでしょう)

欠点

価格を考慮すれば欠点は特に見当たりませんが、「もっとこうだったら良かった」という欲を言えばフードのようにかぶれたらさらに良かったですね。
ただこの小ささでフードのような複雑な造形となると定価1300円程度ではさすがに厳しいと思います。
ですので先に述べたように価格を考慮すれば優秀なアイテムであることに変わりありません

 

オススメできる商品ですが、残念ながら提携サイトであるあみあみ様ではずいぶん前に販売停止中(完売)となってます。
そういう意味では、安定した供給が出来ない点が欠点と言えるでしょう

https://www.amiami.jp/top/detail/detail?scode=FIGURE-611277-S001

オプションコスチュームのレビューは以上になります、ここまでお付き合いいただきありがとうございました

 

追記:再販の予約受付中です

【限定販売】『G.N.PROJECT』オプションコスチューム 汎用型戦術マント(歴戦風Ver.)[蝸之殼スタジオ]
発売日:21年08月未定,蝸之殼スタジオ,,

上記にて8月予定で(歴戦風Ver.)が入荷しています。

また、

https://www.amiami.jp/top/detail/detail?scode=FIGURE-129108&page=rt_02

上記にて同じく8月予定で今回初登場となる(マグマVer.)が予約受付中です。

これまで購入できなかった方はこの機会にいかがでしょうか

そして、同時期に『Jinrouパーカーセット』が新登場いたしました。

【限定販売】『G.N.PROJECT』オプションコスチューム Jinrouパーカーセット[蝸之殼スタジオ]
発売日:21年08月未定,蝸之殼スタジオ,,

こちらも8月予定です。

値段は数百円ほどお高いのですが『Jinrouパーカーセット(ハイドウォークVer.)』も販売されましたがあみあみ様ではすでに予約停止中(売り切れ)となってしまってます。

 

 

関連ページ

《レビュー》G.N.PROJECT ウルフ 水着セット アクションフィギュア[蝸之殼スタジオ]+欠点
今回は2021年4月に海外メーカー[蝸之殼スタジオ]様より発売されたアクション美少女フィギュア『G.N.PROJECT 第1.5弾 WOLF-001 水着素体・武装セット』をご紹介します。 こちらのアイテムは2020年に同社のG.N.PROJECT第1弾で登場した『WOLF-001 ウルフアーマーセット』の水着バージョンです。 素晴らしい出来ですが欠点も見受けられたため、それらも含めて詳しく見ていきます。 一見すると美少女プラモデルと見まがう容姿ですが完成品のアクションフィギュアという位置付けです。 その最大の特徴はフェイスをプリントではなくドールアイを採用したフル可動眼球ギミックにあります
《レビュー》BEE-03W WASP GIRL ブンちゃん 可動フィギュア[蝸之殼スタジオ]+注意点
今回は2021年6月に海外メーカー[蝸之殼スタジオ]様より発売されたアクション美少女フィギュア『WASP GIRL』をご紹介します。購入する予定のあるユーザー様にはお伝えしたい留意点もありますのでどうぞ最後までお付き合いください。 このワスプガールはイラストレーター"モグモ"氏の作品を蝸之殼様が立体化したアイテムになります。 一見すると美少女プラモデルと見まがう容姿ですが完成品のアクションフィギュアという位置付けです。 その最大の特徴はアイプリントではなくドールアイを採用したフル可動眼球ギミックにあります。

コメントを書く