プラモデル

《レビュー》かっこい~い パンダ人間のプラモデル[邪神ちゃんドロップキック]

本日は2021年12月にベルファイン(BellFine)様から発売されたプラモデル、『邪神ちゃんドロップキック』より「パンダ人間」をご紹介します。

原作134話およびアニメ2期に登場した小道具を完全再現したファンアイテムです。

“組み立てるという喜びを、どこかに置いてきてしまったようなプラモ”をご覧ください。

2021 BellFine non scale construction kit,Unboxing and Review.

パンダ人間のプラモデル

製品パッケージ正面

 製品情報 

作品   邪神ちゃんドロップキック
価格   ¥1,100(税込)
発売日  2021年12月
スケール ノンスケール
サイズ  全高約150mm
材質   PS(ポリスチレン樹脂)
原型制作 BellPalette(SAKAI)
設計製作 瑞穂町デザインチーム
対象年齢 15歳以上

『邪神ちゃんドロップキック』は、魔界出身の悪魔「邪神ちゃん」と彼女を召喚した女子大生「花園ゆりね」の同居生活を描いたコメディ漫画です。
第134話「邪神ちゃんのプラモデル」で登場したパンダ人間を忠実に再現しました。
接着剤を使わずに組み立てられ、可動部分が一切無い、前、後、2パーツからなる昔懐かしくも新鮮な単色成型スタイルのプラスチックモデルキットです。

©ユキヲ・COMIC メテオ/邪神ちゃんドロップキック’製作委員会/BELLFINE Co.,LTD.

 

パッケージ裏面

外箱のフタ裏には、元ネタとなった原作134話が印刷されています。

 

出典:『邪神ちゃんドロップキック’』より

アニメ版では2期『邪神ちゃんドロップキック’』7話の中盤で登場するエピソードです。

 

出典:『邪神ちゃんドロップキック’』より

アニメ本編と見比べても箱の再現度はかなり高いです。

 

出典:『邪神ちゃんドロップキック’』より

中にはこれしか入っていません。

 

セット内容

付属品一覧

  • パーツ×2

以上です。

さえない中身であるにもかかわらず、原作同様にビニールで包装されている点には芸術性が高く感じられます。

デカールやシール、組み立て説明書も一切なく、すがすがしいほどに完全再現されています。外箱の裏には組み立てに関する注意書きは見られますが、やはり説明書となるものは見当たりません。

フタを開けた時のがっかり感を追求した素晴らしい仕事であると言えるでしょう。

 

部品注文カード(拡大可)

注意書きと共に部品注文のテンプレートも印刷されていますが価格が2200円とさらに送料がかかります。定価の倍なので発注するより新たに買った方がいいです。メーカーのジョークと受け取っています。

 

組み立て方

ランナーから切り離した状態

本体正面にあたるパーツ1番はランナーゲート4か所で固定されているのでニッパーなどを使い切り離します。本体背面にあたるパーツ2番も同じ要領で切り離します。

ゲート跡をなるべく残したくない場合は二度切りで対処します。

二度切りとは一度目のニッパーはパーツから少し離れた位置で切り、二度目で残りのゲート跡を切り落とす手法です。パーツ自体への負荷を最小限にすることで断面をなるべく綺麗に保ちます

 

仮組みを行う場合の処理

後から合わせ目消しなどを行うのであれば、ダボ穴に切れ目を入れるなどの仮組み処理を施します。特にこだわらない場合はこの工程は必要ありません。

仮組みとは、主にはめ込み式プラモデル(スナップフィットモデル)で使われる用語です。通常であれば一度組み立てたパーツは外れませんが仮組み処理を行うことで保持力が下がり再びパーツを外すことが可能になります。通常は行わず、仕上げに接着する場合に行う中級者以上の手法です。

 

完成図

1番と2番を合わせ、仕上げにゲート跡をデザインナイフなどで処理しましたら完成です。

いわゆる単調なモナカ構造ですがパーツの精度は良かったです。合わせ目は残りますが段差が生じることもなかったです。

ちなみに特にゲート跡を気にせずにニッパーのみでパチパチと組み立てるのであれば1分以内で完成します。

 

ディスプレイ

正面

パンダの頭部を有したメタボ体型の人間です。

ちゃんと自立します。

可動範囲は皆無です。ホワイト系の成型色で色彩箇所はありません。

意外にも造形は良いです。四肢の中に骨格を感じられますし、服のシワなどが成型されています。最大の特徴とも言えるパンダの頭部もパッケージイラストに忠実です。足首は靴下のようで指の造形があります。

塗装する前提ならば、胸に描かれた「人間」がモールドなのも地味に助かります。欲を言えばデカールが最善なのですが付属品を付けると原作のがっかり感が失われてしまうので一長一短であったと思います。

 

背面

背中からは強い哀愁が放たれます。

ズボンの後ろポケットもしっかりと作られています。全高は耳を含め約150㎜ですので、一般的な1/12スケールフィギュアや美少女プラモデルよりも若干高いです。その体格も相まって総面積は広いため実際のボリューム感は数字よりも大きく感じられます。

 

正面および背面

ランナー状態は上記を参照してください。タップまたはクリックで拡大表示も可能なので必要に応じてご活用ください

 

まとめ パンダ人間のプラモデル

いかがでしたでしょうか?

価格に関しては安くはないでしょう。同じ価格帯であればフル可動で多色成形のHGガンプラを購入することが出来ます。邪神ちゃんを知らない方からするとほぼ価値がない商品です。

ですがファングッズとしてはかなり優秀で箱を含めて真価を発揮します。

 

今回はレビューのために組み立てましたが、

おすすめの楽しみ方としては組み立てずにそのままの状態で箱ごと飾ることです。プラモデルなのに組み立てないのはある種の冒涜と言えますが、箱を開けたときの落胆を含めこの商品の魅力であると考えます。

なので私の見解としては、「本当に組み立てることも可能なプラモデル型のインテリア」という認識です。

邪神ちゃんドロップキックは3期アニメ化も決まっていますので応援も込めてあなたの部屋にディスプレイしてみてはいかがでしょうか。

レビューは以上になります、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

以下、公式ちゃんねるによる本編映像です

 

関連ページ

簡単にパーツを外しやすくする仮組みの方法3選を動画で解説
「仮組み」とは、文字通りプラモデルを仮で組み上げるという意味ですが、 本来は接着剤を使用するキットの全体像を把握するために行う作業で、テープなどで簡易的に固定することを意味していました。 こうすることで組み上げた後に見つかる修正箇所や、改造、塗装などのプランを立案しやすくなります。 ただ最近のプラモデルはガンプラを始め、美少女プラモデルなど各社から出ているキットは接着剤を必要としないスナップフィットが主流になってきているので意味合いが少し変わってきます。
美少女プラモデルやガンプラをテーマとしたアニメおすすめ11選
今回はこれまでに視聴したアニメの中から、プラモデルと関連ある作品をなるべくネタバレせずにご紹介します。概要を伝えるために多少語っている部分もありますが核心には触れないように心掛けております。 話数や製作年、OVAの有無など補足情報も簡潔にまとめてます。 必然的にプラモデルとして実際に商品化されることも多く、作中のアイテムを部屋に飾って楽しむことも出来るコンテンツです

コメントを書く