プラモデル

【スーパーミニプラ ライドアーマー キメラ】レビュー+欠点

今日は2018年にBANDAI様より発売された食玩『ライドアーマー キメラ(カンガルーパーツ付属)』をご紹介します
2018 BANDAI Plastic Model,Unboxing and Review.

懐かしの組み立て式玩具「ロックマンX メガアーマー」をリスペクトし、スーパーミニプラシリーズが現代の技術でプラキット仕様の「ライドアーマー」を商品化!
さらに、極小アクションフィギュア「66アクションダッシュ ロックマン」を乗せて遊ぶことができる連動仕様を盛り込んだ豪華な商品です。
連動用の「ロックマンX」と「VAVA」は「66アクションダッシュ ロックマン2」にラインナップし、本商品と同時発売予定。
ラインナップは「ライドアーマー キメラ」と「VAVA専用ライドアーマー」の全2種。
付属のパーツを交換することで「ホーク形態」「カンガルー形態」を再現できます。

【スーパーミニプラ ライドアーマー】ライドアーマー キメラ(カンガルーパーツ付属)

パッケージ正面

パッケージ背面

 製品情報 

メーカー希望小売価格: ¥3,000(税抜)

2018年9月17日 発売
売場:全国量販店の菓子売場等
対象年齢:15才以上

  • 本体一式(全2種)
    1.ライドアーマー キメラ(カンガルーパーツ付属)
    2.VAVA専用ライドアーマー(ホークユニット付属)
  • シール1枚(全2種)
  • 取扱説明書1枚(全2種)
  • チューインガム1個

(C)CAPCOM

Super Mini Pla Rockman Ride Armor [1. Ride Armour Chimera & Kangaroo Unit] (Individual)

Respect the nostalgia assembly toy “Mega Man X Mega Armor”, the Super Mini PLA series commercializes the “Ride Armor” of plastic specifications in modern technology! The “Mega Man X” and “VAVA” line up to 66 Action Dash Rockman 2 and will be released simultaneously.

Title:ROCK MAN X
Name:Ride Armor

ライドアーマーとは、
1993年にCAPCOMより発売されたスーパーファミコン専用のアクションゲーム「ロックマンX」シリーズに登場する架空の乗り物の一種。
元々は土木作業用に開発されたパワーローダー型のメカニロイドだったが、VAVAにより初めて実戦投入されその後の戦場で利用され続ける。

セット内容

  • ライドアーマー キメラ本体
  • ドリルハンド
  • カンガルーショルダーアーマー

ライドアーマー キメラ本体に加えて「カンガルー形態」を再現できる組み替えパーツ2種が付属しています

今作に搭乗可能なロックマンXのフィギュアは別売りの「66アクションダッシュ ロックマン2」にラインナップされてます
カンガルー形態に換装
ドリルに回転機構はありませんが精巧なビジュアルは独特の存在感を放っています

ディスプレイ

正面

素組みの色分けは優秀で写真で見えている範囲はパーツと一部塗装で色分けされてます。写真の角度では見えませんが股下の▼マークと、膝、かかとの黄色いパーツ中央の赤い部分がシールで再現です。胸の赤はシールではなく成型色です

背面

ホーク形態

別売りの「VAVA専用ライドアーマー」に付属しているホークユニットを換装することで「ホーク形態」も再現可能になります。

オリジナル形態

「ライドアーマー キメラ(カンガルーパーツ付属)」と「VAVA専用ライドアーマー(ホークユニット付属)」の2セットを持っていればすべての能力を兼ね備えた玩具オリジナル形態も作れます

ライドアーマー キメラの感想

❝懐かしの組み立て式玩具「ロックマンX メガアーマー」をリスペクトし、スーパーミニプラシリーズが現代の技術でプラキット仕様の「ライドアーマー」を商品化!❞

との謳い文句通りにまさしくこれまでのプラモデルでたまったノウハウが生かされ洗練されたプラモデルキットとして蘇っています。当時品よりボリュームこそは落ちていますが同時に価格設定も下げられているのでその点は必然といえます。

メカニックデザインは時代を感じる風貌ですが上半身むき出しのパワーローダーにはやはりロマンを感じざるを得ません

クリックで拡大

同時発売の「VAVA専用ライドアーマー」も揃えることで、

  • 「ライドアーマー キメラ」
  • 「ホーク形態」
  • 「カンガルー形態」

の3モードに切り替えられる点もプレイバリューが高いです

欠点

大きく分けて3つあります

  • 構造面に関していえば球体部分の関節は簡素な構造なのでポージングなど触っているうちに隙間が開いてしまいます。
  • 「VAVA専用ライドアーマー」同様にコックピットに乗せるだけでイスがないので搭乗は不安定です

クリックで拡大

  • 素組みに限っての話しですが一番気になる点は”色”ですね。今回のパッケージにも使用されている元イラストは水色寄りの青なんですが、このプラモデルは濃い青になってます。
    イラストは90年代当時のものなので、ライドアーマーは”水色”というのがファンの共通認識なので気になる方は多いと思います。
    ただプラモデルは塗装することも楽しみの一つなのでノウハウのある方でしたら塗装によってこの欠点を補うことは可能です。

レビューは以上になります、ここまでお付き合いいただきありがとうございました

 

関連ページ

【スーパーミニプラ VAVA専用ライドアーマー】レビュー+欠点 | 罪の箱庭 -SiN's Garden of Ark-
2018年に発売された食玩『スーパーミニプラ VAVA専用ライドアーマー(ホークユニット付属)』をレビューしました

コメントを書く