フィギュア

《レビュー》ガシャポートレイツ リゼロ水着フィギュア全3種 [Re:ゼロから始める異世界生活]

今回は2020年8月にBANDAI様から発売されたカプセルトイ、ガシャポートレイツシリーズより『Gasha Portraits Re:ゼロから始める異世界生活』をご紹介します。

また、同年12月にはプレミアムバンダイから税込み6,050円にて『GashaPortraits Re:ゼロから始める異世界生活 Special SET』が登場してます

Gasha Portraits Re:ゼロから始める異世界生活

台紙

 製品情報 

  • 発売日:2020年08月
  • 価格:500円(税込)
  • 種類:全3種(レム、ラム、エミリア)
  • 対象年齢:15歳以上

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

エミリア、レム、ラムをかわいらしく夏らしく立体化

ディスプレイ

レム 正面

全体のスタイルはレムらしいほどよいバランスと言えます。

約10cm程度のカプセルトイにもかかわらず髪の毛にはクリアパーツが使用され、グラデーション塗装されています。たれ目のアイプリントも彼女らしい雰囲気を表現できています。

胸部は3人の中ではダントツに豊満なラインをしています。

塗装は丁寧な部類です。写真向かって右胸に塗装跳ねのような痕跡が見られますが、500円でここまでの造形とサイズであれば許容の範囲内と判断しました

 

レム 背面

水着はスカート状ですが下半身と一体化しているためキャストオフは出来ません。

台座は同シリーズで多用されているタイプと同じものです。

 

ラム 正面

髪の毛はレム同様にクリアパーツへのグラデーション塗装が行われています。左目は前髪でまったく見えませんがしっかりとアイプリントがされています。キリッとした目元は彼女らしいです。

レムの双子の姉ですが胸部は対照的にぺったんこ控えめです。

衣装のデザインはすべてにおいて対称的で、装飾についても同じものを付けていますが鏡写しのように左右非対称です。

 

ラム 背面

水着のスカート部分はレム同様に固定されておりキャストオフは出来ません。スタンドには他同様に補助パーツが付属しますがなくても自立します。

 

エミリア 正面

他と同様に髪の毛にはクリアパーツを使用したグラデーション塗装です。髪飾りは3種の中では一番豪華で際立ってます。アイプリントも問題なく綺麗です。

スカート部は他と同様にキャストオフは出来ません。水着は複雑な構造でネグリジェのような気品にあふれるデザインに加え、フリルにもグラデーション塗装が施されており原価はいちばん高そうです。

作中ではレム・ラムより身長が10cm高いエミリアですが当フィギュアにおいてはその身長差は感じらないように見えます。ノンスケールとはいえこのサイズではわからないほどの差なのかもしれません。
(参考レム・ラム154cm、エミリア164cm)

 

エミリア 背面

ロングヘアーのため一番ボリュームがあります。

ポージング的に三種の中では一番重心がずれており台座と支えが必須と思われます。

 

まとめ 『ガシャポートレイツ Re:ゼロから始める異世界生活』

夏にもぴったりな水着フィギュアはいかがでしたでしょうか?

500円のフィギュアとしては破格のクオリティです。塗料跳ねなどの軽微な粗は見当たりましたが総合的に鑑みれば欠点とは思いませんでした。

スケールは小さいですが、フェイスパーツはしっかりと可愛らしく飾る場所を取らないというメリットもあります。カプセルトイならではの制約はありますが3人の水着フィギュアが1500円で手に入るというのはコスパも良く、非常に魅力的です。

 

余談になりますが、

 

プレミアムバンダイのスペシャル仕様は確かにクオリティは段違いではあるのですが、少々迷走している感は否めません。

豪華さを演出するためにボリュームを増やすのは正しいのですが、水着というよりはウエディングドレスのように見えます。
そのスカートは付け外しが出来る仕様と謳っておりますが、外してしまうとスペシャル版の価値を下げる悪いシナジー効果を生みかねません。
ですので税込み6,050円、通常版より4倍の価格の割にはそこまで魅力を感じないものになってしまっています。(プレバンなのでさらに送料もかかります)

とはいえこれはカプセル版が一体500円であるがために抱く感想です。つまり通常版が安すぎるのです。

個人的にはカプセル版と全く同じ造形でかまわないので、塗装のクオリティを上げたものを3種セットで半額の3000円で販売していただけたらとても嬉しかったですね。

 

レビューは以上になります、ここまでお付き合いいただきありがとうございました

 

関連ページ

コメントを書く