プラモデル

《レビュー》30MM カスタマイズウェポンズ(魔法武装)+欠点

今回は2021年8月にバンダイスピリッツ様から発売された『30MM』シリーズより、「カスタマイズウェポンズ(魔法武装)」をご紹介します。

シリーズ初となる魔法をモチーフにした武器セットで、ジョイントを組み替えることで様々な形態に変形します。装着例や欠点についても語ってます。

※モデルには別売りの「スピナティア (フェンサー仕様)」を使いました

30MM カスタマイズウェポンズ(魔法武装)

パッケージおよびパーツリスト(拡大可)

 製品情報 

  • シリーズ 30MMシリーズ
  • 価格   550円(税10%込)
  • 発売日  2021年08月07日
  • 対象年齢 8才以上

(C)BANDAI SPIRITS 2021

 

魔法モチーフの武装がセットになったカスタマイズウェポンズが登場!

■パーツの組み替えで様々なタイプの武装にカスタムが可能。
■シールドと組み合わせ可能なエフェクトパーツが付属。
■エフェクトパーツが取り付け可能な左右のハンドパーツが付属。

出典:公式サイトより

 

セット内容

付属品一覧

  • マジックサークル×1
  • グリップパーツ×1
  • 先端パーツ(マジックスタッフ、マジックワンド、大鎌)×各1
  • 先端エフェクトパーツ(ビームウィップ、ビームレイピア、ビームソード)×各1
  • ハンドパーツ マジックサークル用手(左右)
  • ジョイントパーツ×1式

パーツ内容はシンプルでグレーとクリアグリーンの2ランナーから成ります。ジョイントパーツは最低限しか付属しないため、全部盛りの武装にしたい場合は複数買いが必要になります。

 

ディスプレイ

ソード&シールド

それぞれのパーツには四角いジョイントか3ミリの丸いジョイントがあり、互換性がある部位に限り自由に組み替えることが出来ます。

写真ではソード刃を装着していますが、より細い刃を装着することでビームレイピアになります。

シールドの固定方法は裏側にある3ミリジョイントを素体の腕部にある3ミリ穴に差し込んでいるだけです。

 

大鎌モード

各モードに特別決まった型はなく、この大鎌もそれっぽく組み替えただけで説明書に記されているわけではありません。

クリアグリーンの球体パーツは使い勝手が良く、片側は四角いジョイント穴、もう片側は3ミリ穴になっています。

 

ダブルセイバー

こちらも説明書には載っていない形態です。柄の左右にソード刃とレイピア刃を装着することで両刃にしました。同じ商品を複数購入すれば両側を同じ幅のビーム刃にすることも出来ます。

 

ビームシールド展開

ハンドパーツは付属のものに差し替えます。

付属の手のひらには3ミリ穴が開いているのでその穴を使用することで手のひらからビームシールドを展開しているような状態を表現できます。欠点として必然的に手の色がグレーになってしまいます。

SEED DESTINYに登場する「デスティニーガンダム」のパルマフィオキーナを30MMで再現するのに流用できそうです。

 

モデルには「穂鷹アトリ」を使用しました

パッケージでは「1/144スケールに最適」と書かれていますが、
1/12スケール程度の美少女プラモデルとのサイズ感も合っています。特に穂鷹アトリにはデフォルトで3ミリジョイントを複数有しているので相性がいいです。

もちろん今後(8月28日)発売される30MSシリーズとも相性はいいと思われます。

 

マジックスタッフモード

魔法の杖のような形態です。

写真では先端に球体クリアパーツを使用しましたが、クリスタルのような形状のクリアパーツにも換装できます。

ちなみに「穂鷹アトリ」は過去に当サイトでレビューしておりますので、興味があれば是非お立ち寄りください。サイト内検索(アトリ、アトランジャー等)かプラモデルカテゴリー、あるいはページ最下部のリンクよりお越しいただけます。

 

まとめ 30MM カスタマイズウェポンズ(魔法武装)

30MM CUSTOMIZE WEAPONS(WITCHCRAFT WEAPON)

いかがでしたでしょうか?

サイズ感は1/12スケールにも合わせられるので、安価な上に様々なキットに流用できる優秀なセットでした。

緑のクリアパーツは視覚的に美しいですがアクセントとしても映えます。
装備する機体に合わせて武装の形状も変えられるので使い勝手も良かったです。
もちろんアイディア次第では、武装として活用するだけでなくオリジナルカスタムの部品としても重宝するでしょう。

 

欠点

少し気になった点としては、

これまで3ミリジョイントを多用してきたシリーズにもかかわらず、このキットでは独自の四角いジョイントが採用されているのが気になりました。
おそらくデザインの都合で3ミリでは大きすぎたのでしょうが3ミリジョイントを売りにしているので真っ先に気になった点ではあります。

とはいえ、仮に四角いジョイントを3ミリにしたと想定するとやはりデザインに悪影響を及ぼすことを想像できるので仕方なかったのだと思います。

ユーザー目線からの希望としては、四角いジョイントを3ミリに変換する中間パーツが欲しい所です。一応、球体クリアパーツを使うことで疑似的に実現可能ですが形状的に汎用性に欠けていました。

 

ちなみに本日ご紹介したカスタマイズウェポンズと同時発売で「スピナティア (アサシン仕様)(定価1,408円/税10%込)も登場しています。
当ページでモデルにしたスピナティア(フェンサー仕様)の同型機なので魔法武装との相性はいいと思います。

また、

8月28日には「30MM」から派生した美少女プラモデルシリーズ、「30MS」の第一弾がついに店頭に並ぶので今回の魔法武装と合わせてみたくなりますね。
ネットでは高騰していますが店頭には定価で並ぶので、ご都合が合えれば最寄りの小売店へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

本日のレビューは以上になります、

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。もしも記述に誤り等ありましたらコメントにてご指摘いただけると助かります

 

関連ページ

《レビュー》30MM スピナティア (フェンサー仕様)+オプションパーツ改造例
本日は2021年7月にバンダイスピリッツ様より発売されたロボットプラモデル、『30MM』シリーズの「30MM 1/144 EXM-E7f スピナティア (フェンサー仕様)」をご紹介します。 同シリーズの第3勢力から、初の女型の機体が登場です。別売りの追加オプションパーツについても詳しく記述してます また、8月には同型機のアサシン仕様が発売予定です。
《レビュー》新・合体アトランジャー & 穂鷹アトリ 欠点+変形説明書
今回は2021年5月に青島文化教材社様より創業96周年記念として発売された美少女プラモデル「新・合体ロボット アトランジャー & 穂鷹アトリ」をご紹介します。 元々アトランジャーはアオシマ様より1970年代に発売された「合体シリーズ」のロボットで、それが今回「新・合体シリーズ」の第一弾としてリメイクされたアイテムになります。 第二弾には「合体ムサシ&神宮寺凪沙」のラインナップが決定しており今後も目が離せません。 他社のプラモデルにはない独自の構造など評価すべき点の多い商品ですが、実際に手に取ってみると欠点や改善点、注意点など多く見られましたのでそれらをすべて記述しました。 購入を検討している場合はこれらの留意点をすべて理解した上で決めていただくのがよいかと思います。 また、変形方法も載せているので説明書を紛失した場合などにご活用ください ※ページ最下部にてアトランジャーΩ(オメガ)について情報を追記いたしました(2021/06/09)

コメントを書く