プラモデル

《レビュー》30MM スピナティア (フェンサー仕様)+オプションパーツ改造例

本日は2021年7月にバンダイスピリッツ様より発売されたロボットプラモデル、『30MM』シリーズの「30MM 1/144 EXM-E7f スピナティア (フェンサー仕様)」をご紹介します。

同シリーズの第3勢力から、初の女型の機体が登場です。別売りの追加オプションパーツについても詳しく記述してます

また、8月には同型機のアサシン仕様が発売予定です。

30MM 1/144 EXM-E7f スピナティア (フェンサー仕様)

オプションパーツ換装例(詳しくは後述しています)

 製品情報 

  • シリーズ 30MMシリーズ
  • 価格   1,408円(税10%込)
  • 発売日  2021年07月17日
  • 対象年齢 8才以上

(C)BANDAI SPIRITS 2019

30MMシリーズに新たに加わった第3勢力「マクシオン軍」に、女性型の新機体「スピナティア」がフェンサー仕様で登場!

 

パッケージ

 

30MMとは、
30 MINUTES MISSIONS(サーティー ミニッツ ミッションズ)の略。
2019年6月から始動したシンプルな構造に重点を置いたBANDAI SPIRITSオリジナルロボットプラモデルシリーズ。
余談ですが2021年夏には同シリーズから派生したガールズプラモデル「30MS(サーティー ミニッツ シスターズ)」が登場予定です

セット内容

  • 本体×1
  • フェンサーアーマー×1式
  • 細剣(レイピア)×2
  • ハンドパーツ×5(武器持ち手×2、平手×2、表情武器持ち手×1)
  • 余剰パーツ(ボール軸ポリキャップ×2、ジョイント×3)

ハンドパーツが複数付属しています。
さらに余剰パーツとして汎用性の高い形状のジョイントと、使う場面の多いポリキャップが手に入るのは優秀です。

同シリーズの他の商品と同じくスタンドは別途用意する必要があります。

また、今回はステッカーも一切付属せずパーツ分割のみでの色分けが実現しています。

 

パーツリストおよび部品注文カード(拡大可)

 

各部紹介

素体正面

既存の第3勢力と同じく、素体の上をアーマーパーツが覆うことで完成する機体です。

今回の「スピナティア」を女性型と銘打つのであれば、以前の「スピナティオ」は男性型の機体と言っていいと思います。全体的な印象として曲線の多い丸みを帯びたフォルムに改変されてます。

基本的な構造に大きな差はありませんが頭部はマスクのジョイント形状に差異が見られます。加えて肩幅やウエストがよりスマートに造形されることにより女性らしさが表現されています。特に胴体はそれが顕著に現れてます。
足首は細くヒール形状ですが台座なしでも自立は容易に行えます。

第3勢力の特徴でもある頭部の大きなクリアパーツは、単体で見るとピンク系の成型色ですが下地の黒いボディが透けることで赤く見えています。前作であるスピナティオと比べると、クリアパーツ内部のモールドは単調なものとなってます。頭部サイズはMMシリーズ中、最大級といっていいほど大きなものとなってます。

余談ですが、

TVアニメ『デュラララ!!』より(2010年製作)

猫耳のような頭部は、”セルティ・ストゥルルソン”が愛用しているヘルメットを思い出しました

 

素体背面

ジョイント穴は後頭部、背中、腰、肘あたり、もも裏、股下、足裏にひとつずつと、下腿の側面に左右一か所ずつ穴が設けられています。

素体状態においてはどの箇所もしっかりとした保持力がありパーツが外れてしまうという不具合は見られません。
また、同じ3ミリ軸という設定でもミクロ単位の差が少しゆるい箇所、きつい箇所が発生しています。ただこれは30MMシリーズ全般に言えることです。

 

アーマー換装 正面

付属の「フェンサーアーマー」を換装することでイメージが一変します。

モノクロ系の素体にパープル系のアーマーがいいアクセントになり、全体的にまとまりのいい仕上がりです。
パーツのポロりはありませんが、胸部装甲と腕装甲は他と比べ保持力が弱い印象です。(個体差かもしれません)

ちなみに前作で男性型の機体スピナティオのアーマーと互換性があり、それぞれ交換することも可能ですが、男性用マスクのジョイント下部は干渉します

肩についてですが、

ショルダーアーマーの可動域

上記写真の丸印部分には可動軸が仕込まれているためポージングの妨げにならない工夫がされています。小さな配慮ですが取り回しは各段に良くなります。

補足として、

外装装着の際、肩の付け根のみ差し替える必要があります。

素体状態だとショルダーアーマーをはめ込むクリアランスが存在しないため、肩のパーツを差し替えたのちにアーマー換装を行う手順となります。常時、写真に向かって右側の状態でも気にならないのであれば差し替え不要です。
ちなみに前作であるスピナティオの素体も同じ仕様です。

 

アーマー換装 背面

頭部アーマーのツノ部分は、
ガンプラなどのアンテナに見られるような安全対策がなされているのでシャープ化するだけでも見栄えがずいぶんと良くなると思います。

デフォルトでは背中にはマントのような大きめのパーツを装着しますが、それでも自立は可能です。

 

ショルダーアーマーに帯刀したレイピアは武器持ち手に握らせることが出来ます。デザインのよさと引き換えに強度はなさそうなので扱いには注意が必要です。

 

レイピア アクションポーズ例

 

オプションパーツ使用例

同時発売された「オプションパーツセット5(マルチウィング/マルチブースター)

  • 価格   660円(税10%込)
  • 発売日  2021年07月17日
  • 対象年齢 8才以上

可変機構を搭載したウィングセットです。

さらにボーナスパーツとして、
マスク2種、ツインテールとポニーテールをモチーフにしたパーツが同梱しています。

 

付属のマスク2種 換装例

スピナティアと同時に発売され、パッケージの装着例として描かれているだけあって親和性は高いです。
上記の画像左側のヘッドギアは男性型の機体スピナティオの頭部にも対応しています。
(ジョイント形状は違いますが右側のマスクも、男女兼用のようです)

 

ツインテール(左)とポニーテール(右)

手軽に女性らしさを演出できるパーツとして上記の2種も同梱してます。1パーツ構成の簡易パーツですがしっかりとコンセプト通りの効果が表れます。

ちなみに、

クリックで拡大可

2種同時に装着することも可能です。

 

換装例

バックパック部はウィングと呼称されていますが、汎用性の高いジョイントを内蔵しているため脚部として換装することも可能です。

 

ストライクウィッチーズ 第1話『魔法少女』より(2007年製作)

女型ということもあり若干ですが、ストライカーユニットを彷彿とさせるシルエットです。

 

カスタマイズ例

「スピナティア」と「マルチウィング」のパーツのみを使用し組み立ててみましたが、それだけでもかなり違った印象を与えられます。

 

ウィング展開

デフォルトで可変ウィング機構を有しているので、特別な組み替えを行わずにジョイントを利用したポージングのみで形状を大きく変えることが出来ます。

刺々しいシルエットはヒール感を演出し、強者のオーラが漂います。

 

ただこの特徴的な頭部と女型ということもあり、

アクセル・ワールド #5『Aviation;飛翔』より(2012年製作)

アクセル・ワールドのヒロイン、黒雪姫のデュエルアバターであるブラック・ロータスを連想する方は少なくないのではないでしょうか。

 

まとめ 30MM 1/144 EXM-E7f スピナティア (フェンサー仕様)

30MM EXM-E7f SPINATIA[FENCER TYPE]

いかがでしたでしょうか?

主観にはなりますが未改造状態の完成度としてはこれまでのシリーズ中でトップレベルの仕上がりと言えます。
スタイル、カラーリング、アクション、総合的に評価してよくまとまっていました。

同日に発売されたオプションパーツとも相性がいいのですが、抱き合わせ商法感は否めません。オプションのパッケージにもスピナティアが描かれているので、清々しいほどに一緒に買ってくださいと言わんばかりです。
とはいえセットで購入しても基本2000円以下、私が利用した小売店では税込み1700円程度でしたのでありがたく買わせていただきました。

少し気になった点としては、
腕部アーマーと胸部アーマー、若干ゆるいですね。オプションパーツでいえばツインテールが若干ゆるく、ポロりするとすればここだと思います。(個体差の可能性もあります)
これまでにそこそこの量の30MMシリーズを手に取ってきましたがこの点は割り切って認識しております。安価のカスタマイズ玩具の精度としては限界なのでしょう。

どうしてもジョイント部の具合に納得できない場合は、価格や難易度は上がってしまいますがコトブキヤ様のヘキサギア辺りに主戦場を移すしかないかもしれません。

 

補足になりますが、

8月には同型機の「スピナティア (アサシン仕様)(定価1,408円/税10%込)と、
クリアパーツを多用した「カスタマイズウェポンズ(魔法武装)(定価550円/税10%込)が登場予定です。

小売店であればしっかりと定価、あるいは割引価格で購入できるので通販で高騰してしまっている場合はお近くの取り扱い店で手に入れることをオススメします。

 

そして8月といえば30MMから派生したガールズプラモデルシリーズ、30MSが初めて登場する月でもあります。

『30 MINUTES SISTERS(サーティーミニッツシスターズ)』は端的に言ってしまえば30MMを美少女化したようなシリーズです。
コトブキヤ様のロボットメカシリーズ、「フレームアームズ」が「フレームアームズ・ガール(通称FAガール)」として派生したのと近いものですね。

大手バンダイ様が力を入れているということもあり多くのユーザーから注目され話題となり、予約の段階では非常に殺伐とした状況となってしまっていました。
現在でもAmazonでは定価の倍、あるいは3倍近い状態で転売されているので発売日に店頭へ足を運んだ方がよいでしょう。ただどれだけ入荷されるか未定ですので自己責任でお願いいたします。
当初の情報では小売店への入荷数が少ないという情報を目にしましたが、7月販売予定から8月へ変更されたことから推測すると出荷数が改善されている可能性はあります。

最後に、
現在通販では転売が多く見受けられるためリンクは控えるのですが、8月に発売される商品名一覧を載せておきます。

以下は8月に登場するものだけを全てまとめました。

  • 30MS SIS-G00 リシェッタ[カラーA]
    定価2,530円(税10%込)
  • オプションパーツセット1(スピードアーマー)
    定価660円(税10%込)
  • オプションヘアスタイルパーツVol.1 全4種 ツインテール1[ピンク1]
    定価660円(税10%込)
  • オプションヘアスタイルパーツVol.1 全4種 ツインテール2[イエロー1]
    定価660円(税10%込)
  • オプションヘアスタイルパーツVol.1 全4種 ショートヘア1[レッド1]
    定価660円(税10%込)
  • オプションヘアスタイルパーツVol.1 全4種 ショートヘア2[ネイビー1]
    定価660円(税10%込)
  • オプションボディパーツ タイプG01[カラーA]
    定価880円(税10%込)

さらに詳しく知りたい方は30MS公式ページをご覧ください。

それではここまでお付き合いいただきありがとうございました。
もしも記述に誤りがある場合は、名前やmail省略可能ですのでコメントにてご指摘いただけると助かります。

 

レビューは以上になりますが、

この機会に先ほど触れたストライクウィッチーズについての朗報です。

テレビアニメは2007年に制作とずいぶん前の作品ではあるのですが2021年に新作の放送が決定しており、
「連盟空軍航空魔法音楽隊 ルミナスウィッチーズ」というタイトルで放送されるそうです。
詳細な放送日時は見つかりませんでしたがYouTubeで公開されているプロモーションビデオを以下に載せておきます。

 

関連ページ

《レビュー》30MM エグザビークル(アタックサブマリンVer.)[ライトグレー]+説明書
本日は2020年11月にバンダイスピリッツ様より発売されたロボットプラモデル、『30MM』シリーズの「エグザビークル(アタックサブマリンVer.)[ライトグレー]」をご紹介します。説明書も添付してますので紛失してしまった際などにご活用ください。 エグザビークルにはいくつかの形状が存在し、その中の一種が今回のアタックサブマリンVer.になります。
《レビュー》30MM 黒いシエルノヴァ[ブラック]+オプションアーマー改造例
本日は2021年5月にバンダイスピリッツ様より発売されたロボットプラモデル、『30MM』シリーズの「1/144 bEXM-14T シエルノヴァ[ブラック]」をご紹介します。 シエルノヴァ自体は2020年6月に初出としてグリーンVer.とダークグレーVer.が登場し、同年12月にはホワイトVer.が発売されました。 今回のブラックが登場したことによりカラーカスタマイズの幅がさらに広がりました。 後半には簡単な改造例と、「第3勢力・スピナティア」など今後30MMシリーズから発売される注目のアイテムをピックアップしてます

コメントを書く