プラモデル

《レビュー》アニマギアDE3弾 コジロウ烈+旧式との違いを比較

今回は2022年3月に発売された食玩、『アニマギアDE第3弾』より「デュアライズギラフォルテ(コジロウ烈)」をご紹介します。箱裏の組み立て方を載せてますので、紛失してしまった際などにもご活用ください。

この機体は2020年10月に無印5弾に登場した「デュアライズスタッガー」の強化種です。ですので旧作と並べた比較画像もご用意しました

2022 BANDAI 1/1 scale construction kit,Unboxing and Review.

アニマギアDE 第3弾 デュアライズギラフォルテ(コジロウ烈)

No.01 DUALIZE GIRAFORTE

 製品情報 

メーカー希望小売価格: ¥450(税込:¥495)

2022年03月28日 発売
売場:全国量販店の菓子売場等
対象年齢:8才以上

  • 組み立てキット(一部彩色済)(全5種)
    1.コジロウ烈
    2.クレイオード
    3.クレイオードエンフォーサー
    4.ゴクラウド
    5.キャンサイファー
  • シール(全5種)
  • ガム(ソーダ味)1個

(C) BANDAI・タスクフォース

パッケージ

デュアライズギラフォルテ(通称:コジロウ烈)とは、

デュアライズスタッガーをベースにパワーアップさせた、ギラファクワガタ型アニマギア。二丁の銃を巧みに使う従来のトリッキーな戦闘スタイルはそのままに、高出力のロングレンジライフルを扱うパワープレイも可能になったオールラウンダー。ロングレンジライフルから放つレーザービームは複数のアニマギアをまとめて殲滅する。

公式サイトより引用

 

セット内容

付属品一覧

  • 本体×1
  • ベースヘッド×1
  • リベット×3
  • 簡易スタンド×1
  • ステッカー×1
  • 余剰パーツ

内容物はもっともポピュラーなベーシックタイプであると言えます。

ブラッドステッカー(拡大可)

シールは貼らない状態でレビューしています

 

組み立て方(拡大可)

シールの貼り方やロングレンジライフルの組み替え方法も上記を参照していただければと思います

 

各部紹介

正面

クワガタをモチーフとしたコジロウの強化版です。

頭部はシールレスでもそこそこ塗り分けられています。

ボーンフレーム(骨格)は一般的な人型を基礎としていますが、写真からもわかるように全体的にマッシヴな体型でかなりのボリューム感があります。フレームカラーは写真ではわかりにくいですが黒系ではなく濃いブルー系です。

実は腕部ニックカウルはアシンメトリー(左右非対称)になっており右腕にのみガトリング砲を標準装備しています。この砲身は3ミリジョイントで接続されているためカスタマイズ可能です(後述)。

モデルとなった生き物は実在する「ギラファノコギリクワガタ」です。巨大なアゴが特徴の世界最長のクワガタムシです。
“ギラファ”はラテン語で「キリン」を意味し、文字通り長い首のように伸びた大アゴに由来します。

 

背面

デフォルトでは腰ジョイントが余っているので簡易スタンドを使用できます。ただ足裏の接地面は非常に安定性が高いためスタンドの使用頻度は低いでしょう。

ふくらはぎから伸びた羽のようなトゲは別パーツとして分離でき、外すと3ミリ穴が露出するのでカスタマイズの幅が広がります。腕、肩のトゲは取り外せません。

全体的にニックカウル(装甲)に設けられたジョイントは多くカスタマイズ性能は高いです。
太もも装甲にはジョイント穴とピンが一つずつあり、ふくらはぎにはジョイント穴が二つ、他にも側頭部、両肩裏、背中、右腕にもあるのでオレマギア製作にも向いています。

両肩裏にマウントされているジョイントパーツはロングレンジライフルを装備する時に使用します(後述)。

 

サイズ感

違いは旧作と比較すると一目瞭然です。

ボーンフレームは共通の規格のため身長に差はありませんがシルエットは別格です。
すべての装甲が大型化し、全体的にとげとげしいフォルムです。また、カラーリングも装甲、骨格ともに濃いものへと変わり力強いオーラを感じます。

元々は口から伸びていた大アゴも、側頭部に生えているため印象が大きく変わりました。

 

足首の互換性

これは公式サイトでも触れられていないのですが、

今作の足首には前作の武器を納めることが出来ます。ここは3ミリ軸ではなく専用の溝に合うように設計されているため、意図的に互換性を持たせたとしか考えられません。

 

メイン武装の二丁拳銃

前作に引き続き二丁拳銃スタイルは健在で、大アゴを取り外すことで銃器となります。

 

ロングレンジライフル

さらに、両肩裏に収納していたジョイントパーツと組み合わせることでロングレンジライフルに組み替えることが可能となりました。前作でも兄弟機であるムサシの武器「カースブレイド・ムラマサ」と合体させるギミックを有していましたがついに単独で強化できるようになりました。

上記写真は銃口に余剰パーツを取り付けてアレンジしてみました。
カスタマイズはこのシリーズの醍醐味ですので皆さんにはもっとすごい改造を見つけて欲しいです

 

腕部ガトリング砲のアレンジ例

先程も軽く触れましたが右腕の砲身は3ミリジョイントで接続されているためカスタマイズが可能です。上記は同ラインナップで別売りの「アシッドキャンサイファー」のキャノン砲パーツを組み込んでみました。1パーツしか挟めていませんがこれだけでも銃器の存在感が増してかっこいいですよね

 

まとめ デュアライズギラフォルテ(コジロウ烈)

No.01 DUALIZE GIRAFORTE

いかがでしたでしょうか?

同じくDE3弾ではクリアパーツで脚光を浴びた「クレイオード」や、ツインクロスアップシステム(合体機構)を有した「キャンサイファー」と「ゴクラウド」など、他が際立っていたため埋もれがちですが単体としてみた場合は一番気に入っている機体です。

ストーリー上では味方陣営の機体なのですが、赤黒いニックカウルと刺々しいフォルムからは映画「ゴジラvsデストロイア」を連想してしまいました。

先述したようにカスタマイズ性能も高いのでその観点からアドバンテージの高さがうかがえます。
元々のフォルムがかっこいいので、今回お見せしたような簡単な強化をしただけでも映えるという点ではオリジナルカスタムが苦手なユーザー様におすすめしたいアイテムです。

レビューは以上になります、

今年の夏に発売される次弾、アニマギアDE04も既にBOXで予約済みですので届いた際にはご紹介する予定です。もしも当サイトを楽しんでいただけましたらまたお越しいただけると嬉しいです。

それではここまでお付き合いいただきありがとうございました

 

アニマギアDE 第4弾 2022年7月 発売予定

出典:amazon

ダブルエッジ第4弾は、事前情報によると全種エンペラーギア(皇帝機)であることが明かされています。

エンペラーギアは幻獣をモチーフとした全13機存在すると言われているシリーズです。

次弾ではクラーケン型(画像左上)、カーバンクル型(画像右上)、オーディン型(中央)、鬼神型(画像下部)がラインナップしています。

モチーフにも惹かれますが、どの造形も魅力的です。

これまでのシリーズですと人気の機体(需要が集中する商品)をある程度予測できましたが、今回はすべてが良作なので予測が難しいです。おそらく小売店の近くに住んでいるユーザーの趣味によって偏りが出るのではないでしょうか。

私は争奪戦が苦手なのでネットで2BOXを予約しました。自宅に届くのは地域によっては数日後になってしまいますが、まだ定価以下で予約できるので検討してみてはいかがでしょうか(2022/04時点)。保険として1BOX予約し当日にお店に向かうのもありだと思います。

ちなみに定価は1BOX(10個入り)の場合税込み¥4,950となってますので参考にしていただければと思います。取り扱っている実店舗では単品¥450(税込:¥495)で購入することが出来ます。

発売日が近づくと定価では買えなくなる場合もございますので予約する場合にはご注意ください。

未確定ですが発売日は2022年7月31日、ボックスアソートはおそらく均一(2種ずつ)であると予想しています(間違っていましたら申し訳ございません)。

新作情報は以上になります、それではまたお会いしましょう

 

関連ページ

《レビュー》アニマギア5弾 02デュアライズスタッガー(コジロウ)+組み立て説明書
本日は2020年10月にBANDAI様より発売された食玩、『アニマギア第5弾』より「02デュアライズスタッガー」をご紹介します。説明書も載せてますので紛失してしまった際などにご活用ください。 前回ご紹介した「ムサシ」の兄弟機で、類似する特徴を多く内包しているのでその辺りを重点的に深掘りしています。それらの特徴は最新弾「ダブルエッジ(DE)」を彷彿とさせる点が多く、先駆けとも言えるでしょう。
《レビュー》アニマギア5弾 01デュアライズカブト真(ムサシ)+説明書
本日は2020年10月にBANDAI様より発売された食玩、『アニマギア第5弾』より「01デュアライズカブト真(シン)」をご紹介します。説明書も載せてますので紛失してしまった際などにご活用ください。 当時としては珍しくニックカウル(外部装甲)に多数の接続ジョイントを有しているため、最新弾のアニマギアDE(ダブルエッジ)の先駆けとも言える機体です。

コメントを書く