ボカロ

【切ないボカロ曲】泣けるバラードなどおすすめ9選

【からくりピエロ】

(2011)

作詞:40㍍P
作曲:40㍍P
編曲:40㍍P
唄:初音ミク

とても有名な曲の一つです。2020年現在、you tubeでは2000万再生を記録しており発表から10年近く経つ現在でも根強い人気を誇っております。

【心做し】

(2014)

作詞:蝶々P
作曲:蝶々P
編曲:蝶々P
唄:GUMI

「──それはね、ここにあるよ。」

曲名は(こころなし)と読むそうです。

【fix】

(2011)

作詞:keeno
作曲:keeno
編曲:keeno
唄:初音ミクAppend(Dark)

もしかすると初めて聞いた方は「初音ミク」のこの音域に驚かれる方もいるのではないでしょうか?

おそらく世間一般で耳にする初音ミクの歌声は機械的な声という認識でしょう。

しかしながらこの歌声、まるで人間のようでもあります。

加えてこの歌声が投稿されたのが2011/08/25であるから驚き。もはやオーバーテクノロジーと言っても過言ではありません。作者のkeeno(キーノ)様がDarkマスターと呼ばれる所以でもあります。

【glow】

(2010)

作詞:keeno
作曲:keeno
編曲:keeno
唄:初音ミクAppend(Dark)

こちらも発表から10年近く経つ名曲で、前述したkeeno(キーノ)様によるVOCALOIDデビュー作になります。

【アイロニ】

(2012)

作詞:すこっぷ
作曲:すこっぷ
編曲:すこっぷ
唄:初音ミクAppend(Soft)

「上手に生きるのは難しい。」

多くの人が共感する、そんな歌詞が詰まってます。

【ハロ/ハワユ】

(2010)

作詞:ナノウ
作曲:ナノウ
編曲:ナノウ
唄:初音ミクAppend(Soft)

私の大好きな曲の一つ。

「歌ってみた」に選ばれることも多いので好きな歌い手さんを探してみるのもいいかもしれません。

【そこに命はありますか。】

(2019)

作詞:DIVELA
作曲:DIVELA
編曲:DIVELA
唄:初音ミク

雰囲気ががらりと変わってメロディ自体はポップな印象を受けますが、歌詞から訴える内容は切ないものになってます。

投稿日は2019/05/24とかなり最近のものではありますが、2020年3月の時点で250万再生と驚異の数字を叩き出しています。

【キミを失って】

(2017)

作詞:Yasuha.
作曲:Yasuha.
編曲:Yasuha.
唄:初音ミク

ボカロの歴史においては比較的最近に投稿されているという点では隠れた名曲といえる立ち位置かもしれません。

しかしながら2020年現在you tubeでの再生数130万を超えており絶大な評価を得ております。

【好きなのに】

(2017)

作詞:Yasuha.
作曲:Yasuha.
唄:初音ミク

こちらも前述した「Yasuha.」様の楽曲になります。個人的に切ないボカロ曲ではこの方の作品が一番好みです。ニコニコ動画を軸にしたボカロ全盛期が終わったとはいえ、才能あるクリエイターたちによって新たな名曲が次々と発表される「初音ミク」という存在はまだまだ私たちを感動させてくれるでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

「ryo」様作曲の【ODDS&ENDS】もリストに加えたかったのですが、公式動画が非公開になっておりましたので今回は控えました。気になる方は調べてみてください。【ODDS&ENDS】は人によっては耳障りな不協和音であると思われがちである機械の歌声に正面から向き合った名曲と認識しております。

もう少し切ない余韻に浸りたいのでしたら当サイト記事の【海外のボカロ曲】英語で歌うボカロおすすめ10選にて1曲目に紹介させていただいた【Lie】がよいかと思います。全歌詞英語になりますがミュージックビデオですので英語がわからなくとも映像とメロディがあなたをその世界観に引き込んでゆくでしょう。

日本語ですと【愛のボカロ曲】青春の恋愛ソングおすすめ10選の5曲目にある【さよならのかわりに、花束を】がとてもおすすめです。大切な人を失っても前向きに生きようとする姿が描かれています。

あるいは、切ない気持ちを前向きにさせてくれるようなリストもご用意しております。【明るいボカロ曲】ノリがいいボカロおすすめ10選もよければお聴きください。それではここまでお付き合いいただきありがとうございました。

コメントを書く