ボカロ

【クールなボカロ曲】かっこいい印象の楽曲おすすめ19選

echo1Video by MystSaphyr /YouTube @ Studio VOXYZ

【かっこいいボカロ曲】2009~2020おすすめ19選

かっこいいボカロ曲をピックアップしました。

公式動画を添付しておりますのでダウンロードせずにフルで視聴できます。

投稿日や曲情報も載せてます

 

ECHO

(2014)

作詞:Crusher-P
作曲:Crusher-P
編曲:Crusher-P
唄:GUMIV3(English)

Circus-PとCrusher-Pのユニット「CIRCRUSH」第2弾として制作されました。

これまでに多くの方にカバーされた人気の曲です。

 

KING

(2020)

作詞:Kanaria
作曲:Kanaria
編曲:Kanaria
唄:GUMI English

多くの歌い手さんやVtuberさんがカバーしている人気の曲で、こちらは本家になります。

前述したように「歌ってみた」が数多く投稿されているので好みの歌手を探してみてもいいかもしれません

 

唱慟イグジスタンス

(2020)

作詞:書店太郎
作曲:書店太郎
唄:巡音ルカ

 

Gimme×Gimme

(2019)

作詞:q*Left
作曲:八王子P・Giga
編曲:八王子P・Giga
唄:初音ミク・鏡音リン

「この恋は衝動」

いつもの可愛い二人とは打って変わり、大人びた小悪魔のような印象。一度聞いただけで虜になってしまいます。

 

Ten Thousand Stars

(2015)

作詞:Circus-P
作曲:Circus-P
編曲:Circus-P
唄:初音ミク

 

ラズベリー*モンスター

(2013)

作詞:ゴム・使徒(HoneyWorks)
作曲:ゴム(HoneyWorks)
編曲:HoneyWorks
唄:初音ミク

 

ディザーチューン

(2018)

作詞:DIVELA
作曲:DIVELA
編曲:DIVELA
唄:初音ミク

 

命に嫌われている

(2017)

作詞:カンザキイオリ
作曲:カンザキイオリ
編曲:カンザキイオリ
唄:初音ミク

「明日死んでしまうかもしれないけど。」

生きているものすべてに当てはまるテーマですね。それだけに心を揺さぶられた方も多いと思います。

2021年の紅白歌合戦においても歌い手である「まふまふ」さんがカバーされたことで話題となりました

 

鎖の少女-Re Alive-

(2019)

作詞:のぼる↑P
作曲:のぼる↑P
編曲:のぼる↑P
唄:初音ミク

こちらは2009年に投稿された『鎖の少女』の10周年記念バージョンになります。

原曲も素敵ですが、かっこよさという点ではこちらのアレンジの方がよいかもしれません。ちなみに投稿者様はどちらも同じ方です。

 

リバーシブル・キャンペーン

(2016)

作詞:DECO*27
作曲:DECO*27
編曲:DECO*27・Naoki Itai
唄:初音ミク

2020年現在、ニコ動で300万再生、you tubeで500万再生を達成しています。

 

ゴーストルール

(2016)

作詞:DECO*27
作曲:DECO*27
編曲:DECO*27
唄:初音ミク

こちらも前述した「DECO*27」様の曲になるのですが、2020年3月現在you tubeでの再生数2000万を軽く超えております。名曲が多いので、このサイトでもこの方の名前が出ることが必然的に多いです。

 

ヒビカセ

(2014)

作詞:れをる
作曲:ギガP
編曲:ギガP
唄:初音ミク

you tube登録者100万人を抱える『れをる』様が作詞を担当した曲になります。ご本人も歌っており、「歌ってみた」の定番と言っても過言じゃない地位を得ました。

原曲ももちろん素敵ですが、『ニコニコ超パーティー2015』で披露されてる『ヒビカセ × ECHO』のマッシュアップもすごくかっこいいです。

 

現実的論理主義者

(2012)

作詞:ゴボウメン
作曲:ゴボウメン
編曲:ゴボウメン
唄:IA

社会に不満を感じながらもどうしようもできない心の葛藤が描かれています。

こちらも『ニコニコ超パーティー2015』に選曲されており、そちらから知った方も多いと思います。ちなみにその動画は公式よりyou tubeで無料公開されております。

 

ELECT

(2014)

作詞:niki
作曲:niki
編曲:niki
唄:Lily

伝説のlilyマスターと名高いniki様の楽曲です

 

右肩の蝶

(2009)

作詞:水野悠良
作曲:のりP
編曲:のりP
唄:鏡音レン(レン版)

レンくんのかっこいい曲としてコチラを挙げないわけにはいきません。2009年という事で初期の頃の歌になります。

 

ロストワンの号哭

(2013)

作詞:Neru
作曲:Neru
編曲:Neru
唄:鏡音リン

「その号哭(ごうこく)は止まらない。」

 

東京テディベア

(2011)

作詞:Neru
作曲:Neru
編曲:Neru
唄:鏡音リン

こちらも前述したNeru様の楽曲です。

 

砂の惑星

(2017)

作詞:ハチ(米津玄師)
作曲:ハチ(米津玄師)
編曲:ハチ(米津玄師)
唄:初音ミク

独特の歌声に調整されたミクボイスには妙な中毒性があります。ディストピア感のある映像にも注目。

 

天ノ弱

(2011)

作詞:164
作曲:164
編曲:164
唄:GUMI

天性の弱虫でアマノジャク。

バンドのボーカルのようでとてもかっこいいです

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

当サイトでは意識的にMMD作品はご紹介していないのですが、「MONSTER」は一時期盛り上がった映像コンテンツなのでご用意しました。
元々は海外発のGUMIの楽曲です。本家様は別ページ【狂気に満ちた怖いボカロ曲】でご紹介してます。

 

さて、

前述した「MONSTER」を含めた、GUMIの楽曲に特化したページをご用意しております。興味がありましたら下記リンクよりお立ち寄りください

【GUMI】おすすめのオリジナルボカロ曲37選
本日はVOCALOID(ボーカロイド)の一人であるGUMIにフォーカスを合わせ選曲しました。「メロディを聴いた事があるけど曲名がわからない」という作品が見つかるかもしれません。 公式動画を添付しておりますのでダウンロードせずに視聴できます。 投稿日や曲情報を簡潔にまとめてます。 紹介はランキング形式ではなく順不同です

コメントを書く