プラモデル

《レビュー》アニマギア2弾 ブレイドヴォルガ+組み立て説明書

本日は2020年1月に発売された食玩、『アニマギア第2弾』より「ブレイドヴォルガ」をご紹介します。箱裏の組み立て方も載せてますので、紛失してしまった際などにもご活用ください。

シリーズ初期である2弾に使用された金型は発展途上のもので、ボーンフレームの設計は2弾独自のものとなっているのが特徴です。古い食玩であるため現在では購入が難しい商品ですが資料として投稿する事としました

名前はドイツ語でオオカミを意味するヴォルフに由来していると思われます。ブレイドはそのまま刃を意味するブレード(blade)から来ています

2020 BANDAI 1/1 scale construction kit,Unboxing and Review.

アニマギア無印第2弾 No.02 ブレイドヴォルガ

No.02 BLADE WOLGA

 製品情報 

メーカー希望小売価格: ¥390(税抜)

2020年1月27日 発売
売場:全国量販店の菓子売場等
対象年齢:8才以上

  • 組み立てキット(一部彩色済)(全5種)
    1.バスターギガラプト
    2.ブレイドヴォルガ
    3.ディビジョンニードル
    4.ヴァリアブルシャークハンター
    5.ヴァリアブルシャークレスキュー
  • シール(全5種)
  • チューインガム1個

(C) BANDAI・タスクフォース

商品パッケージ

ブレイドヴォルガ(通称:ヴォルガ)とは、

安定した性能のバランスを保有しつつも、優秀な脚力から速いスピードを生み出すオオカミ型アニマギア。暗視装置とGPSが搭載されており、夜間戦闘を得意としている。温厚で礼儀正しく、誰にでも敬語で喋る紳士的な性格。

公式サイトより引用

 

箱裏に記載された説明書(クリックまたはタップで拡大可)

画像をブラウザで見にくい場合は画像保存していただき、お使いのソフトでご覧いただければと思います

 

ブラッドステッカー

今回もシールは使用せずにレビューしていますので、彩色のある個所は塗装済みパーツです。

 

各部紹介

フロント

スマートな体格はモチーフにしたオオカミの特徴をうまく表現しています。

頭部は完成品として封入されているので分解は出来ず1パーツ構成です。

手足のニックカウルにそれぞれ凸ジョイントが設けられているため初期の機体にしてはカスタマイズ性能が高いです。デフォルトではそこに名の由来でもあるクナイ形状のブレードが装着されてます。

気になる点としてはプラスチックの質感です。
現行のシリーズと比較すると光沢が無く、色もくすんで見えるためチープな印象を受けます。材質は最新弾と同じABSです

 

ボーンフレーム

フレームカラーは鮮やかなブルー系の骨格です。
オオカミのクールなイメージと合っていて気に入っています。

ガオーなどに見られる一般的な四足歩行の構造ですが、前作1弾とは金型が大幅に変更となっているので仕様が異なります(以下参照)。

 

歴代ボーンフレームの構造

特に顕著なのは胴体ジョイントで、付け根がボール軸からロール軸へ変わっているため保持力が大幅に向上しました。

3弾ではさらにブラッシュアップされ、現行モデルとほぼ変わりない出来に仕上がってます。

 

リア

尾の部分には武装用パーツが格納されているので少しごちゃっとした印象を受けます。この尻尾パーツは手足に装着されたクナイ形状の刃物と組み合わせて使いますが、単品ではイヌ科らしく骨をモチーフにしたデザインとなってます。

簡易スタンドが付属しますが(後述)、見ての通り四足で接地するため使用せずとも安定性は高いです。

 

簡易スタンド(拡大表示可)

ランナーの一部を利用したT字の簡易スタンドが付属しますので捨ててしまわないようにご注意ください。

現行のシリーズではおなじみとなったスタンドですが、2弾当時は開発チームもまだフォーマットを模索している最中だったこともあり他に類を見ない形状をしています。ただ、下位互換というわけではなく端の3点はすべて3ミリ規格ですのでオレマギア製作時に使える有能パーツです

 

口の開閉ギミック

下あごは開閉可能になっておりポージングで重宝します。

 

ディスプレイ①

口のギミックを利用したポージング例です。

疾走しながら口にくわえたブレードで相手を切り裂く光景が目に浮かびます。

 

ディスプレイ②

クナイを4つ組み合わせると巨大な手裏剣になります。

背中に背負わせても良いですが、武装として他のアニマギアに装備しても面白そうです

 

DE2弾よりケルベロガルギアス

忍者を連想させるこの武器は、アサシンであるダブルエッジ2弾のガルギアスと組み合わせたくなりますね。扱いやすいパーツなので他にもいろいろと活用できそうです

 

おわりに

※足元のパーツは余剰パーツです

いかがでしたでしょうか?

無印2弾は面白い立ち位置で進化の過程を覗かせる弾だと思っています。

アニマギアシリーズは弾を重ねるごとにアップデートを繰り返しており、現行にもっとも近づくのは無印3弾以降になります。1弾では多くの改善点が見つかり、2弾でフレーム構造を大幅に改善し、3弾からは新たに金型を微調整しさらにプラスチックの質も良くなったように感じます。

そのような背景から、今回の2弾はアニマギアの歴史が垣間見えるラインナップと言えます。

古い商品になりますのでなかなか見かけないとは思いますが、もしも定価で見つけた際は希少価値が付加されているので確保して良いと思います

ここからはアニマギアとは直接関係ない余談なのですが、
オオカミをモチーフにしたグレーとブルーの機体ということで私はどうしても「ハウリンガー」を連想してしまいます。
ハウリンガーとはトランスフォーマービーストウォーズのキャラクターで、玩具として商品化はされましたがアニメ本編には登場することなく終わりました。
とても酷似しているので気になる方は調べてみてください

 

今回は以上になります。
他のラインナップであるバスターギガラプト、ディビジョンニードル、ヴァリアブルシャークも後日ご紹介しますのでまたお越しいただければと思います。

それではここまでお付き合いいただきありがとうございました

 

関連ページ

《レビュー》アニマギアDE 第2弾 ケルベロガルギアス+変形説明書
本日は2021年11月にBANDAI様より発売された食玩、『アニマギアDE(ダブルエッジ)』の第2弾より「ガルギアス」をご紹介します。変形機構を内蔵した機体ですが、商品には変形方法の説明書が同封されていないため当ページに説明書を添付しております。必要に応じてご活用してください。 冥府の番犬ケルベロスをモチーフにした7体目の皇帝機(エンペラーギア)です。 新たなエンペラーギアは2021年の3月に登場した「カイギアス」と「フォールン」以来となります
《レビュー》アニマギアDE4弾 クラーケンギガギアス+変形説明書
今回は2022年7月に発売された食玩、『アニマギアDE第4弾』より「ギガギアス」をご紹介します。箱裏の組み立て方や変形方法も載せてますので、紛失してしまった際などにもご活用ください。 この機体はクラーケン型の皇帝機です。モチーフは北欧に伝わる海の怪物。 その正体はイカなのかタコなのかしばしば議題に挙がりますが厳密には定まっておらず、一貫しているのは巨大な生物という点です

コメントを書く