プラモデル

《レビュー》HG 1/144 フォーンファルシア+前作との違い

本日は2022年6月にプレミアムバンダイ様から発売されたプラモデル、『HG 1/144 フォーンファルシア』をご紹介します。

10年前に商品化されたファルシア(定価1,320円)の発展機が令和に登場したことに驚いたユーザーは少なくないのではないでしょうか。

基本的にはリカラーアイテムですが違いとして、

  1. 足首ハイヒールの形状
  2. フォーンファルシアバトンの追加および武器持ち手
  3. ファルシアベースの排除および専用スタンドの追加

などが挙げられます。詳しくは写真と共に解説してます。

1次予約は2022年2月に始まり、現在も9月発送分の2次予約が可能です(6月時点)。

 

HG 1/144 フォーンファルシア

1/144 FAWN FARSIA[xvb-fnc]

 製品情報 

作品   機動戦士ガンダムAGE(2011年製作)
参考価格 1,540円(税10%込)
発売日  2022年06月
対象年齢 8才以上
製品素材 PS・ABS(組み立てに接着剤は使用しません)
備考   プレミアムバンダイ商品

(C)創通・サンライズ

パッケージ

『機動戦士ガンダムAGE』より、フォーンファルシアをHGシリーズで商品化。

ピンクを基調とする印象的な機体カラーを成形色で再現し、専用武装のフォーンファルシアバトンなどが新規造形で付属。ファルシアビットの展開時の軌道を再現するディスプレイスタンドと軟質素材のエフェクトパーツが付属。

公式サイトより引用

 

付属の説明書

基本的にはリカラーアイテムになるため、同封された組み立て説明書は以前のままでした。パイロット情報もユリンのままですが今作はフラム・ナラが搭乗する機体です。

局所的に異なる部位を別紙で補足するという方式がとられています(以下添付)。

 

別紙の説明書およびパーツリスト(拡大可)

別紙は両面印刷されたものが1枚です(上記画像は両面分)。

作り方としては工程6までは従来の説明書に従い組み立て、6の脚部のみ別紙を参照し組み立てます。その後再び元々の説明書に戻って読み進めるという流れになります。

前作と決定的に異なるのは足首の造形のみで、他には追加パーツの有無などです。詳しくは後述します。

各パーツの材質は上記画像でお確かめください。
別紙パーツリストは「Bランナー」の記載が省略されています。補足として「Bランナー」のみABS樹脂、軟質クリア棒はPS(スチロール樹脂)となってます

 

セット内容

付属品一覧

  • 本体
  • ハンドパーツ×5(平手2、握り手2、武器持ち手1)
  • ホイルシール
  • 専用スタンド
  • ファルシアビット用軟質クリア支柱×3
  • 余剰パーツ(足首)
  • 武装:フォーンファルシアバトン / ファルシアビット / ファルシアソード

 

ホイルシール

シールは前作とまったく同様のものです。シール(エ)の3枚は前作用なのでここでは使用しません。

 

ディスプレイ

正面

概要としては第一世代に登場したMS、ファルシアの発展機でパイロットはフラム・ナラが搭乗します。

左右対称の機体で、手に左右の概念がなく同じ造形なのが特徴です。

サイズは脚部底面からアンテナまで含め14cm程度です。

金型はおそらく10年前のままですが不具合も見られず、色分けも優秀でプラモデルキットとしては洗練されています。あえて挙げるならデザインの関係で首の可動域は制限されるのと、足首の可動域も狭いと感じました。他は良好です。

開き手ハンドパーツの内側にはビームバルカンが再現されています。

シールはカメラアイセンサー内部にメタルグリーンと、胸部拡散ビーム砲の内部にシルバーステッカーを使用しています。

 

足関節の構造(拡大可)

細かい話しですが膝関節がデフォルトで後ハメ仕様になっている点が個人的に面白かったです。

 

背面

バックパックの黒い部分のみがシール再現になっており他は色分け成形です。

尻尾のようにマウントされているのがファルシアソードで、てのひらのビームバルカンに接続することが可能です。

スタンドを差し込んでいる下部の3ミリ穴は常に露出しており、別パーツでふさぐというギミックはありません。

 

ファルシアソード装着例

 

脚部の新規造形

写真左が今作、写真右が前作です。

2種を並べると機体カラーが薄いピンクになっていることが分かりやすいと思います。

形状は足首のハイヒールが微妙に異なります。
これに伴い、ファルシアベースに接続するための(底面に設けられていた)ジョイント穴が消失しています。そのため前作のベースには接続することが出来なくなっています。

ただ、余剰パーツとなっているハイヒールに組み替えることで対応させることは可能です

 

ベースの変更

写真左が今作、写真右が前作のファルシアベースです。

前回が専用台座だったためにボリュームダウンした印象を受けてしまいます。

今作はガンプラでは広く普及している汎用スタンドに、新規造形のC字パーツを加えたものが採用されています。C字パーツに設けられた穴にクリア支柱を固定しビットをディスプレイします。

 

ファルシアビット展開例

軟質クリア支柱はそのままでも曲げられましたが形状を記憶しづらく、お湯を使用した方が形を変えやすいかもしれません。

ビットは5個付属するのに対しクリア支柱は3本しかありませんのでユーザー自身がお好みの長さに切断して使用する必要があります。

 

まとめ

HG 1/144 FAWN FARSIA[xvb-fnc]

いかがでしたでしょうか?

曲線の多いボディはカラーリングも相まって可愛らしい機体ですよね。

成型色は非常に綺麗な発色に仕上がっているのでそのまま飾っても映えるかと思います。

 

プレバン商品は高い価格設定で登場する傾向にある中、一般的なHG価格帯での商品化というだけで嬉しいユーザーは多かったのではないでしょうか。

送料はかかってしまいますが、昨今の「発売日にお店で購入できない」という状況が多く見受けられる現状においてはネットでスムーズに購入できるのは良かったと思います。

今回は1次予約分で届いたものをご紹介しましたが、現在プレミアムバンダイでは9月発送の2次予約を受け付け中です。受付期間は在庫次第とのことで未定のようです。

念のためプレバンリンクを以下に載せておきますので参考にしてみてください

  • ファルシアのページはこちら
  • フォーンファルシアのページはこちら

 

レビューは以上になります、

ここまでお付き合いいただきありがとうございました

『機動戦士ガンダムAGE』とは?

『機動戦士ガンダムAGE』(きどうせんしガンダムエイジ、英: MOBILE SUIT GUNDAM AGE)は、2011年(平成23年)10月9日から2012年(平成24年)9月23日までMBS・TBS系列にて放送された日本のテレビアニメ、およびそれを原作としたメディアミックス作品群。有人ロボット兵器同士による宇宙戦争を描いた、「ガンダムシリーズ」作品の一つ。キャッチコピーは「三つの運命が 歴史になる___」。全49話。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

関連ページ

《レビュー》ラクス・クラインのプラモデル【欠点+水転写デカールや顔の加工方法】
本日は2021年8月にバンダイスピリッツ様から発売されたプラモデル、『Figure-rise Standard』より機動戦士ガンダムSEEDの歌姫「ラクス・クライン」をご紹介します。 フェイス2種は付属のデカールで自作する必要があるため、なるべく簡単かつ可愛い顔にするコツと方法も合わせて説明しますので最後までお付き合いいただけたらと思います。
《ガンプラレビュー》HG ガンダムダブルオーダイバー[ダイブイントゥディメンションクリア]
本日は2018年7月にBANDAI様から発売されたプラモデル、『ガンダムビルドダイバーズ』より「HGBD 1/144 ガンダムダブルオーダイバー[ダイブイントゥディメンションクリア]」をご紹介します。部品交換フォーマットも添付してますので万が一の際にはご活用ください。 今回ご紹介するアイテムは通常版である「HGBD 1/144 ガンダムダブルオーダイバー」のイベント限定Ver.という位置づけです。 造形は全く同じですが、ラメ入りのクリア成型で、ブルーとホワイトを基調にした爽やかなカラーリングも相まって夏にぴったりのアイテムと言えるでしょう。
《レビュー》ガンダムアーティファクト第2弾 全5種+アソート、レアカラー率
本日は2022年1月に発売された食玩『ガンダムアーティファクト第2弾』をご紹介します。 BOXアソートに関しては全種2個ずつの均一アソートと、ジム1アサルト3の不均一BOXが混在しているようです。 レアカラー率は前回に引き続き2割程度です(10個中2個)。

コメントを書く