プラモデル

《レビュー》結城 まどか【水着】ドリーミングスタイル サニースカイ[通常版との違い]

本日は2022年10月にコトブキヤ様より発売された美少女プラモデル、創彩少女庭園シリーズの『結城 まどか 水着 ドリーミングスタイル サニースカイVer.』をご紹介します。

元々は前月に発売されたキットのリカラーアイテムになります。その為、金型などに変更は一切ありません。

通常版である『結城 まどか【水着】』との違いはカラーリングの他、特製描きおろし「ビーチ背景シート(B2サイズ)」が付属するのみとなってます。

※詳しいレビューは通常版でお伝えしている為、今回は簡単にさらう程度となります。通常版のレビューは最下部にリンクボタンがありますので必要に応じてご覧ください

2022 kotobukiya 1/10 scale construction kit,Unboxing and Review.

結城 まどか【水着】ドリーミングスタイル サニースカイ

パッケージ外観

 製品情報 

作品   創彩少女庭園
価格   6,930円(税込) ※通常版と同じ価格です
発売日  2022年10月24日頃
スケール 1/10
サイズ  全高約153mm
材質   PS・ABS・POM・PVC(非フタル酸)
メーカー 壽屋
設計   丸家 裕之介
対象年齢 15歳以上

© KOTOBUKIYA

雲一つない青空を思わせるようなブルーがさわやか!

甘い雰囲気のフリルの水着も、ブルー一色にすることでさっぱりとして少し大人っぽい印象に。
ソフトで控えめなかわいらしさが魅力のバリエーションキットです。

水着の肩紐部分、サンダルのリボン部分は塗装済みとなっております。
組み立てるだけでも完成イメージに近い仕上がりをお楽しみいただけます。

公式サイトより引用

 

各パッケージの比較(クリックで拡大表示可)

通常版では水彩画のような美しいイラストでしたが限定版はあっさりとしたテイストです。

 

仕様表記(拡大可)

 

パーツリスト(拡大可)

パーツリストは別紙のフルカラーです。

各ランナーの材質も記載されているので必要に応じてご活用ください

※画像をブラウザで見にくい場合は画像保存していただき、お使いのソフトでご覧いただければと思います

 

カラーガイド(拡大可)

使用する色は通常版よりひとつ減り11色です(水着柄の差分)。

色の数値に関しては肌、歯、舌、ヘアアクセサリ、サンダル厚底は通常版と同じとなってます

 

部品注文カード(拡大可)

発注書は一見すると同じのように見えますがドリーミングスカイ仕様に変わっています。コピー使用は出来ませんのであくまで資料としてお納めください

 

セット内容

付属品一覧

  • 本体
  • ヘアスタイルパーツ×3種(ロングヘア、ポニーテール、ツインテール)
  • 塗装済みフェイスパーツ×4種(ウインク顔、にやにや顔、真剣顔、口開け笑顔)
  • 無塗装フェイスパーツ×4種(同上)
  • 手首パーツ×8種(ピース、持ち手(通常)、持ち手(狭)、持ち手(広)、持ち手(丸)、握り手、指さし手、平手)
  • 裸足状態の足首パーツ×3種(素足通常、素足反り、素足曲げ)
  • 体育座り用ボディ×1
  • 固定式腕パーツ×1セット(左右分)
  • メガミデバイス対応6mm径 首ジョイントパーツ×1
  • 予備シュシュ×1(ポニーテール用)
  • 展示用スタンド×1
  • 水転写表情デカール×1
  • 特製描きおろし「ビーチ背景シート(B2サイズ)」

セット内容については通常版と変わりなく、唯一「背景シート」のみが新規追加されているアイテムとなります。また、前作からパーツが減ったという事もございません。

ヘアスタイルやフェイスパーツ、ハンドパーツの種類、販売価格に至るまで全て変わりありません。

 

水転写デカール(拡大可)

デカールについても同一のものが付属します。

水転写デカールの使用方法については以下の写真を参照してください

デカールの貼り方

補足ですが無塗装フェイスの口部分に対応したデカールは無いため、フェイスパーツを自作する場合は口腔内を塗料で塗装する必要が出てきます

※上記の軟化剤についてはマークセッターが最もポピュラーに使われているものと言えます。コートスプレーであれば素組み状態と近い質感になる水性プレミアム つや消しトップコートが良いでしょう。

マークセッターの使用についてはお好みかと思います。
私は使わずにトップコートで固定してしまう場合が多いです。しかし糊剤が配合されていますのでより強固に固定したい場合に活用できます

 

ディスプレイ

限定版(左)、通常版(右)

同じフェイス、ヘアスタイル、ハンドパーツ、ポージングで撮影しました。

金型を共有しながらも印象は大きく変わります。

肌やヒマワリ、サンダルの底などは同様の成型色が使われています。

ドリーミングスタイルに使用されているヘアカラーは、別売りの佐伯リツカと同じ成型色が使われていますので前髪を交換して組むヘアアレンジが出来ます。

今回の展示用ベースは無色のクリアカラーなのでシチュエーションを選ばず使い勝手の良いものとなってます

 

ポージング①

パッケージイラストにも選ばれているポニーテールでの撮影。

背景にしているのが特典の描き下ろし「ビーチ背景シート」です。

伸ばした左腕には固定式腕パーツを使用し、関節ジョイントを無くしています。

※ヘアアクセサリは塗装しております、通常は黄色一色です

 

ポージング②

ロングヘア+体育座り用ボディを使用。

 

ポージング③

ツインテールを使用。

ピース系のハンドパーツは汎用性が高いので扱いやすいです。手首ジョイントはコトブキヤ製であれば別売りの美少女プラモデルと組み合わせが可能です。未対応のものもあるかもしれませんが、朱羅シリーズとの互換性は確認しました。

フェイスパーツについては互換性が無く、おそらく創彩少女庭園シリーズ特有の設計だと思います

 

おわりに

Madoka Yuki [Dreaming Style Sunny Sky]

いかがでしたでしょうか?

基本的にはリカラーアイテムでしたが、頭部をお好みのキャラクターに変更することで優秀な水着素体として活用することが出来ます。

砂浜をイメージしたビーチ背景も良いものでした。B2サイズと広い面積があるので撮影ブースとしての使い勝手が非常に良かったです。

ちなみにご紹介した「ドリーミングスタイル サニースカイ」はコトブキヤショップ限定品でしたので他社の通販サイトで出回っているものは転売品となります。購入する場合は定価(税込み6,930円)からかけ離れていないかご注意ください。

 

今回はあっさりとした内容になりましたが以上になります。もしも記述に誤りが見つかりましたらコメントにてご指摘くださると助かります。

それではここまでお付き合いいただきありがとうございました。

仕様についての詳しいレビューは前回行っているため、さらに詳しく知りたい場合は以下も参考にしてみてください

《レビュー》創彩少女庭園 結城 まどか【水着】
本日は2022年9月にコトブキヤ様より発売された美少女プラモデル、創彩少女庭園シリーズの『結城 まどか 水着Ver.』をご紹介します。関連商品や最新情報も記載していますので最後までお付き合いいただければと思います。 「創彩少女庭園」は2021年から始まった比較的新しいブランドです。当初は"女子高生のプラモデル"として話題になりました

 

関連ページ

《レビュー》ブラック・マジシャン・ガール 初のプラモデル+欠点
本日は2022年7月にコトブキヤ様より発売された美少女プラモデル、「クロスフレーム・ガール ブラック・マジシャン・ガール」をご紹介します。 BMGの可愛さがしっかりと堪能できるアイテムとなっておりますが、欠点や注意点も見受けられましたので最後までお読みいただければ幸いです
《レビュー》新・合体アトランジャー & 穂鷹アトリ 欠点+変形説明書
今回は2021年5月に青島文化教材社様より創業96周年記念として発売された美少女プラモデル「新・合体ロボット アトランジャー & 穂鷹アトリ」をご紹介します。 元々アトランジャーはアオシマ様より1970年代に発売された「合体シリーズ」のロボットで、それが今回「新・合体シリーズ」の第一弾としてリメイクされたアイテムになります。 第二弾には「合体ムサシ&神宮寺凪沙」のラインナップが決定しており今後も目が離せません。 他社のプラモデルにはない独自の構造など評価すべき点の多い商品ですが、実際に手に取ってみると欠点や改善点、注意点など多く見られましたのでそれらをすべて記述しました。 購入を検討している場合はこれらの留意点をすべて理解した上で決めていただくのがよいかと思います。 また、変形方法も載せているので説明書を紛失した場合などにご活用ください ※ページ最下部にてアトランジャーΩ(オメガ)について情報を追記いたしました(2021/06/09)
《レビュー》ラクス・クラインのプラモデル【欠点+水転写デカールや顔の加工方法】
本日は2021年8月にバンダイスピリッツ様から発売されたプラモデル、『Figure-rise Standard』より機動戦士ガンダムSEEDの歌姫「ラクス・クライン」をご紹介します。 フェイス2種は付属のデカールで自作する必要があるため、なるべく簡単かつ可愛い顔にするコツと方法も合わせて説明しますので最後までお付き合いいただけたらと思います。

コメントを書く